パソコンのコンセントは抜かないほうが良い理由

パソコンを使っていないとき、パソコンのコンセントは抜くべきなのでしょうか。

こまめに抜いたほうが節電になるかもしれませんが、私はパソコンのコンセントはつなげっぱなしにすることをおすすめします。

その理由と、パソコンのコンセントをつなぎっぱなしにする際の注意点を解説します。

目次

パソコンのコンセントはつなげっぱなしの方が良い理由

パソコンは電源を切っていても電力を消費する

パソコンの電源が入っていなくても、コンセントにつながっている限り、電力を消費し続けます。これは、パソコン内部の設定(現在時刻など)を記憶しておくためです。

パソコンの電源を切っても、次に電源をつけたときには正しい時刻が表示されないと困りますよね。そのようなことを防ぐために、パソコンは電力を消費し続けるのです。

コンセントからの電力がなくても設定を保持し続ける

パソコン内部の設定を記憶しておくために、パソコンは電力を消費します。しかし、実際にコンセントを抜いたとしても、パソコンの時計が狂ってしまうようなことはありません。なぜなら、コンセントから電力を取り込む代わりに、パソコンの中に取り付けられた電池を消費して設定を記憶しているからです。

内部の電池があるので、コンセントを抜いても時計が狂うことはないのです。

内部の電池にも寿命がある

コンセントを抜いたとき、パソコンは設定を記憶しておくために、電池を消費します。そして、この電池には必ず寿命があります。

デスクトップパソコンの場合、一次電池(充電できない、普通の電池)が使われています。そのため、使い続けると電池が減っていき、最終的には電池がなくなってしまいます。

また、ノートパソコンの場合、二次電池(充電ができる電池)が使われている場合があります。二次電池は、コンセントに繋ぐと充電されますが、徐々に劣化し、最終的には充電できなくなってしまいます。

内部の電池がなくなってしまうと、パソコンの設定を記憶しておくことができません。内部の電池がない状態でコンセントを抜くと、パソコンの時計は狂ってしまうのです。

ノートパソコンの電池の交換は面倒

内部の電池がなくなってしまったら、その電池を交換しなければなりません。しかし、パソコン(特にノートパソコン)の内部の電池を交換するのは大変です。

デスクトップパソコンであれば、比較的楽に電池を交換することができます。パソコンのケースを開け、内部の電池を同じ型番の電池と交換するだけです。

しかし、ノートパソコンの場合、電池の交換は非常に面倒です。パソコンを分解して電池を探し、交換したらパソコンをもとのように組み直す必要があります。さらに、電池がはんだ付けされてたり、同じ形の電池が見つからなかったりする場合があります。

そのため、メーカーに依頼して電池を交換してもらわなければならない可能性が高いです。

パソコンのコンセントは抜かない

パソコン内部の電池を切らしてしまうと、非常に面倒なことになります。ですから、なるべく電池は長持ちさせたいですよね。

幸い、パソコンをコンセントにつないでおけば、内蔵電池の消費を抑えることができます。ですから、パソコンのコンセントはつなぎっぱなしにすることをおすすめします。

パソコンのコンセントをつなぎっぱなしにする注意点

パソコンのコンセントをつなぎっぱなしにする場合には、いくつかの注意点があります。

コンセントや電源タップにホコリがたまらないようにする

パソコンのコンセントをつなぎっぱなしにしておくと、パソコンをつないでいるコンセントや電源タップの部分を目にすることが少なくなると思います。

すると、コンセントや電源タップにホコリが溜まってしまいがちです。コンセント周辺のホコリは、放置しておくと火災になる可能性があり、危険です。

コンセントや電源タップ周辺は、こまめに掃除することを心がけましょう。

※こまめに掃除するのが面倒な場合は、コンセントにカバーを付けておくのも1つの手です。

雷に注意する

パソコンのコンセントをつないだ状態で近くに雷が落ちると、高圧電流がコードを伝ってパソコンが壊れてしまう可能性があります。

これを防ぐために、雷がよく起きる時期は、パソコンのコンセントは抜いておいたほうが良いと思います。(その場合、ディスプレイの電源コードやLANケーブルなどもすべて抜いておきましょう)

ですが、雷の時期、毎回コンセントを抜くのは少し面倒です。そのため、私は「雷サージ(らいさーじ、かみなりさーじなどと読みます)」機能付きの電源タップを使っています。

「雷サージ」に対応した電源タップであれば、(雷が直撃しない限り)高圧電流がパソコンに流れることを防いでくれます。過信は禁物ですが、雷による被害を軽減してくれるので、とてもおすすめです。

まとめ

パソコンのコンセントは、毎回抜く必要はありません。むしろ、つなげっぱなしにするほうが良いです。

ただ、くれぐれも火事と雷には注意してください。長期間外出する場合は、コンセントを抜いておいておくことをおすすめします。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus