Windows 10 でアプリのショートカットを作成する方法

Windows 10 のアプリは、画面左下の Windows アイコンをクリックすると大量に表示されます。

しかし、よく使うアプリはデスクトップにショートカットを作っておきたいという方も多いと思います。

この記事では、アプリのショートカットを作成する方法を解説します。

目次

スタートメニューの基礎

スタートメニューは、画面左下の Windows アイコンをクリックすると表示される画面です。

スタートに登録する

アプリをスタートメニューの右側に登録するのは簡単です。

  1. 左下の Windows アイコンをクリックし、スタートメニューを開く
  2. 左側のリストから目的のアプリを探す
  3. アプリを右クリックし、「スタートにピン留めする」をクリック

これで、スタートに登録できました。ドラッグ&ドロップで表示場所を変更することができます。

タスクバーに登録する

アプリを画面下のタスクバーに登録するのも、簡単に行うことができます。

  1. 左下の Windows アイコンをクリックし、スタートメニューを開く
  2. 左側のリスト、または右側の画面から目的のアプリを探す
  3. アプリを右クリックし、「その他」から「タスクバーにピン留めする」をクリック

これで、タスクバーに登録できました。ドラッグ&ドロップで表示場所を変更することができます。

ショートカットに登録する

スタートやタスクバーに登録すれば済むのであれば、わざわざデスクトップにショートカットを作成する必要はありません。しかし、どうしてもショートカットを作成したい場合は、下の手順をご覧ください。

スタートメニューに表示されるアプリのショートカット作成

スタートメニューに登録されているアプリであれば、比較的簡単にショートカットを作ることができます。

ショートカットを作成する手順

  1. 左下の Windows アイコンをクリックし、スタートメニューを開く
  2. ショートカットを作成したいアプリを探し、右クリックする
  3. 「その他」から「ファイルの場所を開く」をクリックする
  4. 目的のショートカットが表示されるので、右クリックし、「コピー」をクリックする(下の画像は、「Windows アクセサリ」の「メモ帳」のファイルの場所を開いた場合)
    スタートメニューのメモ帳
  5. ショートカットを作成したい場所(例えばデスクトップ)で右クリックし、「貼り付け」をクリックする

これで、ショートカットを作成することができました。

なぜショートカットをコピーするのか

上の手順4では、ショートカットを作成せずに、すでに存在しているショートカットをコピーしています。

なぜ、すでにショートカットが存在しているのでしょうか。

実は、「スタートメニュー」という画面は、アプリの本体が集まっているのではなく、アプリのショートカットをまとめた画面なのです。

ですから、「ファイルの場所を開く」ことで、ショートカットが集まっている場所に移動できるのです。

ここでショートカットをコピーせずに、デスクトップなどに移動してしまうと、スタートメニューからそのアプリの項目が消えてしまうので、注意が必要です。

ちなみに、アプリの本体の場所は、手順4で表示されたショートカットを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択することで、表示させることができます。

スタートメニューにないアプリのショートカット作成

もし、「ショートカットを間違えて消してしまった……」という場合でも、スタートメニューにそのアプリが登録されていれば、そこからショートカットを作成することができます。

しかし、スタートメニューにないアプリのショートカットを作成するには、そのアプリの本体を見つけなければなりません。

ですが、アプリの本体の場所は、アプリの種類やパソコンの設定によって変わるので、一概にどことは言えません。

ですから、エクスプローラーの検索機能を活用して探すことをおすすめします。

アプリの本体を探す手順

  1. Windowsキーを押したまま、Eキーを押す
  2. 「〇〇(C:)」と書かれた場所をクリックする(〇〇の部分は、パソコンによって異なります)
  3. 右上の方に「〇〇(C:)の検索」という欄があるので、そこにアプリの名前を入力する(この検索にはかなりの時間がかかるので、注意してください)
  4. 検索結果画面の、拡張子がexeであるファイルを右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリックする

「手順4の拡張子って何?」という方は、次の記事をご覧ください。

関連記事:拡張子とは?意味と便利な活用法を初心者向けに徹底解説

この手順で見つけたファイルが、アプリの本体である可能性が高いです。

1度そのファイルをダブルクリックし、きちんとアプリが起動するか確かめると良いでしょう。

この検索に時間がかかりすぎる場合、「Everything」という無料のファイル検索ソフトを使うことをおすすめします。このソフトを使えば、ファイルの検索を高速に行うことができます。

窓の杜

ショートカットを作成する手順

本体の場所を見つけたら、以下の手順でショートカットを作成します。

  1. 本体のファイルを右クリックする
  2. 「ショートカットの作成」をクリックする
  3. 作成されたショートカットを、好きな場所に移動させる

これで、ショートカットを作ることができました。

まとめ

スタートメニューなどにショートカットが存在していれば、簡単にショートカットを増やすことができます。

しかし、1からショートカットを作成するには、アプリの本体を見つけることが必要です。

慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、アプリのインストールのときに「アプリの本体」の場所を確認しておくと良いでしょう。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus