変換ミスが気になるなら Google 日本語入力がおすすめ

「Microsoft IME(MS-IME)」は、Windows パソコンにはじめから搭載されている IME です。

もし MS-IME を使っていて、誤変換が多いと感じるのであれば、別の IME を使ってみることをおすすめします。

MS-IME 以外の IME には「ATOK」などの有料のものもありますが、いきなり有料のものを使うのはハードルが高いと感じるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、「Google 日本語入力」という無料の IME です。

この記事では、Google 日本語入力のメリットと、導入方法を解説します。

目次

無料の IME「Google 日本語入力」

IME とは

そもそもIMEとは、キーボードで入力したアルファベットを、ひらがなや漢字などに変換してくれるものです。

IME についてさらに詳しく知りたい方は、『IME って何? その役割と種類を解説』をご覧ください。

Google 日本語入力とは

Google 日本語入力は、Google 社が開発した無料の IME です。Windows と Mac のどちらにも対応しています。

その1番の特徴として、豊富な語彙が挙げられます。

「Google 検索」のデータを IME の辞書に活用しているため、他の IME 以上の変換精度を持っているのです。

Google 日本語入力の魅力

Google 日本語入力を、実際に使ってみた印象です。

補完機能が便利

よく使う単語や文章は、Google 日本語入力が覚えてくれて、最初の数文字を打てば、候補として表示してくれます。表示された候補は、Tab キーで選択できます。

この機能はかなり便利で、長い単語をすべて入力する必要がなくなります。

例えば、「よろしくおねがいします」という単語を入力するときに、「よろしくお」まで入力すると、一番上の候補に「よろしくおねがいします」が表示されます。

何度も入力していると、「よ」と入力するだけで、候補に「よろしくおねがいします」と表示されるようにもなります。

ただ、普段入力している単語が候補に表示されやすいので、「他の人が見ている場でこの補完機能が働いてしまうのは嫌だ」という方も多いと思います。そんなときのために、一時的に補完機能を無効化する「プレゼンテーションモード」というものもあります。

また、「補完機能で表示されてほしくない単語を検索したい」といったときのために、「シークレットモード」という機能もあります。

入力モード変更時、現在の入力モードを表示してくれる

非常に便利な機能です。入力モードを変更したときに、「今のモードは直接入力モード? それともひらがなモード?」と迷ってしまうことがあります。

タスクバーに表示されている「A」や「あ」のような表示を見ればすぐに分かるのですが、今入力している場所から視線を動かす必要があります。

しかし、Google 日本語入力では、直接入力モードからひらがなモードに変えたとき、キャレット(点滅する棒)の下に「あ」と表示されます。

逆に、ひらがなモードから直接入力モードに変えたときは、キャレットの下に「A」と表示されます。

Google 日本語入力のモード切り替え

MS-IME にも同じような機能があるのですが、そちらは画面の真ん中に大きく表示されてしまうので、少し邪魔な感じがします(あくまでも個人的な感想です)。

それに比べて、控えめに、かつ目に入る大きさで表示してくれるので、非常に便利だと思います。

軽快な動作

変換時にタイムラグがあると、入力が一時中断されてしまうため、非常にストレスです。

Google 日本語入力には変換時のタイムラグがほとんど無く、快適に使用できています。

「Google 日本語入力」のインストール方法

Google 日本語入力のインストールは、難しくありません。万が一気に入らなかったときも、簡単にアンインストールできます。

少しでも気になった方は、インストールしてみることをおすすめします。

Windows の場合

  1. Google 日本語入力の Web サイトにアクセスします
  2. 「Windows 版をダウンロード」をクリックします。
  3. 利用規約に同意した上で、「同意してインストール」をクリックします。
  4. ダウンロードしたファイルを実行します
  5. 初期設定の画面が出てくるので、設定をして OK ボタンを押します(基本的にそのままで問題ありません)
Google 日本語入力の初期設定画面

これで、インストールは完了です。

タスクバー(右下)に青い丸のようなものが表示されていれば、問題ありません。

まとめ

Google 日本語入力は無料の IME なので、気軽に試すことが出来ます。

今の IME に満足している方も、一度試してみると、無料とは思えない性能に驚くかもしれません。

ぜひ IME にこだわって、作業効率アップを図りましょう。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus