隠しファイルとは? 設定方法を初心者向けに解説

家族とパソコンを共用しているとき、「他の人にに見られたくない」というファイルがあるかもしれません。

そんなときに役立つのが、隠しファイルです。

この記事では、隠しファイルに設定する方法と、隠しファイルの表示・非表示を切り替える方法を解説します。

目次

1.隠しファイルとは

隠しファイルとは、実際にはそこにあるけれど、見えないファイルのことです。

隠しファイルにするメリット

隠しファイルは、エクスプローラー(フォルダの画面)を開いても、見ることができません。

そのため、パソコンにあまり詳しくない人からは、そのファイルを見つけることができないのです。

「人に見られたくない日記」や「家族には隠しておきたい画像」などを、隠しておくことができます。

隠しファイルの弱点

そんな隠しファイルですが、完璧に隠すことができるわけではありません

隠しファイルは、「隠しファイルを表示する」設定をして、「隠しファイルを解除する」設定をすれば、簡単に中身を見ることができます。

そのため、少しでもパソコンに詳しい人であれば、隠しファイルの中身を見ることができます。

また、隠しファイルに設定していても、ソフトの履歴(最近使ったファイルを表示する機能)に表示されることもあるので、注意が必要です。

もし誰にも中身を見られたくないのであれば、ファイルを開くためにパスワードを設定できるソフトを利用することをおすすめします。

2.隠しファイルに設定する方法

ファイルやフォルダを隠しファイルに設定するには、次のように設定してください。

  1. 隠しファイルにしたいファイル(またはフォルダ)を、右クリックします
  2. 「プロパティ」をクリックします
  3. 「属性」の項目の、「隠しファイル」というチェックボックスにチェックを入れます
  4. 「適用」をクリックします
  5. 「属性変更の確認」というウィンドウが出てきた場合、「変更をこのフォルダ、サブフォルダーおよびファイルに適用する」が選択されていることを確認した上で、「OK」をクリックします
    フォルダの隠しファイル設定
  6. 「OK」をクリックします

これで、ファイルが見えなくなったはずです。

ここで、もしファイルが半透明で表示されているときは、次のように設定してください。

  1. エクスプローラーを開きます(適当なフォルダを開くだけでも OK です)
  2. 左上のほうにある「表示」タブをクリックします
  3. 「表示/非表示」の「隠しファイル」というチェックボックスのチェックを外します
    隠しファイルの表示/非表示

これで、半透明だったファイルが見えなくなったと思います。

3.隠しファイルを開く方法

隠しファイルに設定しても、自分が隠しファイルを開けなければ、どうしようもないですよね。

隠しファイルを表示させ、中身を見ることができるようにするには、以下の手順で操作してください。

  1. エクスプローラーを開きます(適当なフォルダを開くだけでも OK です)
  2. 左上のほうにある「表示」タブをクリックします
  3. 「表示/非表示」の「隠しファイル」というチェックボックスにチェックを入れます 隠しファイルの表示/非表示

この状態で、隠しファイルが半透明で表示されており、ファイルを開くことができるはずです。

もし開くことができなかったり、隠しファイルの設定を解除したい場合は、以下のように操作してください。

  1. 半透明の隠しファイルを、右クリックします
  2. 「プロパティ」をクリックします
  3. 「属性」の項目の、「隠しファイル」というチェックボックスのチェックを外します
  4. 「適用」をクリックします
  5. 「属性変更の確認」というウィンドウが出てきた場合、「変更をこのフォルダ、サブフォルダーおよびファイルに適用する」が選択されていることを確認した上で、「OK」をクリックします
    フォルダの隠しファイル設定解除
  6. 「OK」をクリックします

これで、元のファイルに戻せました。

4.知らない隠しファイルを見つけたら

むやみに削除しない

隠しファイルには、ソフトを使うために必要なデータが入っていることがあります。

そのため、隠しファイルを削除してしまうと、そこにデータを保存していたソフトが使えなくなってしまう可能性があります。

よくわからない隠しファイルがあっても、むやみに削除しないことをおすすめします。

他人の隠しファイル

もし、他の人が使っているパソコンで、隠しファイルを見つけたとしても、開かないであげてください(笑)

単に古いファイルやバックアップファイルを非表示にしているだけの可能性もありますが、他人に見られたくないファイルなのかもしれません。

隠しファイルの中身を見て、人間関係が悪化したとしても責任は取れませんのであしからず。

まとめ:ファイル・フォルダを非表示にする手段

隠しファイルは、ある程度パソコンに慣れている人相手には隠し通すことができません。

ですので、あまり見られたくないけれど、万が一他人に見られても大丈夫なファイルだけを隠しファイルにすることをおすすめします。

また、隠しファイルは、めったに使用しないファイルを非表示にして、フォルダの中身をシンプルにすることもできます。

あくまでも非表示にするだけ、ということを頭に入れて、活用してください。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus