キーボードの種類とそれぞれの特徴を解説

キーボードは、キースイッチの構造(入力をどのように検知しているか)によって

  • メンブレン方式
  • メカニカル方式
  • 静電容量無接点方式

などに分類できます。

この記事では、それぞれの方式の特徴を解説します。

1.メンブレン方式

現在のキーボードの主流です。外付けのキーボードは、この方式であることが多いと思います。

メンブレン方式の構造

※下の図はイメージです

メンブレンキーボードの仕組み

メンブレン方式は、キーボード全体で1枚のメンブレンスイッチを使用します。スイッチと言っても、機械的なもの(「カチッ」「パチッ」というような音がするスイッチ)ではありません。上の図の黄色の部分が回路でつながっていて、回路全体がスイッチの役割を果たしています。

  1. キーを上から押す
  2. キーの下にあるラバードームが変形する(潰れる)
  3. ラバードームの裏にある接点と下の接点シートが接する
  4. 接した部分に電気が流れ、キーが押されたことを検出する

という仕組みになっています。

メンブレン方式のメリット

この方式は、それほど構造が複雑ではなく、高価な部品も使用しません。製造にコストがあまりかからないため、非常に安いです。

あまりお金がかからないので、(ノートパソコンでない)パソコンを買うとついてくるキーボードは、メンブレン方式であることが多いです。

また、その構造上、打鍵音が小さいというメリットもあります。

メンブレン方式のデメリット

メンブレン方式は、タイピングのときに、キーを奥まで押し込む(底打ちする)必要があります。また、ラバードームを潰す必要があるので、キーを押すために必要な力(押下圧)が大きいです。そのため、他の方式に比べると疲れやすいかもしれません。

また、キーを押すと、ラバードームを潰す「グニュ」という感触がするので、不快に感じる方かもしれません。

2.メカニカル方式

高級キーボードに使われる方式です。ゲーミングキーボードにも使われています。

メカニカル方式の構造

メカニカル方式は、1つ1つのキースイッチが独立している方式です。それぞれのキーにメカニカル(機械的)なスイッチが内蔵されています。

このスイッチの構造や内部の部品によって、感触や押下圧などが変わってきます。そのため、一口に「メカニカルキーボード」と言っても、様々な特徴を持ったキーボードがあります。メカニカルキーボードの特徴を見分けるときには、「どの会社の何色の軸を使っているか」を見ると良いでしょう。

有名なのは

  • Cherry MX 赤軸……クリック感がなく、スムーズにキーを押せる。打鍵音が小さい。
  • Cherry MX 茶軸……ソフトなクリック感が特徴。赤軸と青軸の中間のような軸。
  • Cherry MX 青軸……「カチッ」という明確なクリック感がある。打鍵音はかなり大きい。

の3つだと思います。

メカニカル方式のメリット

メカニカル方式は機械的なスイッチを使っているので、「カチッ」「コトッ」といった入力感を楽しむことが出来ます(入力感がない種類もあります)。

また、多くのメンブレンキーボードやパンタグラフキーボードに比べ、押下圧が小さいです。長時間の入力でも疲れにくいでしょう。耐久性にも優れており、数年は使い続けることができると思います。

もし1つのキーが故障しても、それぞれのキースイッチが独立しているので、そのキーだけを交換することも出来ます。

メカニカル方式のデメリット

メカニカルキーボードは大量のスイッチを必要とするので、かなり値段が高いです。基本的に、1~2万円はかかります。数千円のメカニカルキーボードもあるかもしれませんが、品質にはあまり期待できないと思います。

次に、打鍵音が大きいです。比較的打鍵音が小さい「赤軸」や「ピンク軸」などはありますが、「茶軸」や「青軸」はかなり音が大きいです。静かな場所で使うと迷惑になる可能性があるので、注意してください。

また、チャタリングを起こす可能性があることにも触れておきます。

チャタリング

キーを1度押しただけで、複数回入力されてしまう現象。

このチャタリングは、キースイッチの構造上、すべてのメカニカルキーボードで起こりうる現象です。軽度なチャタリングであれば、フリーソフトで対処することができます。しかし、重度のチャタリングが起こると、キースイッチの交換が必要で、場合によってはキーボードを買い換えなければならないこともあります。

とはいっても、安い粗悪なメカニカルキーボードでない限り、チャタリングはそうそう起こるものではありません。どうしても心配であれば、他の方式のキーボードを選ぶと良いでしょう。

※私はチャタリングに遭遇したことがないので、そこまで心配する必要はないと思いますが。

おすすめのメカニカルキーボード

メカニカルキーボードの感触は実際に触らないとわからないので、できることならお近くのパソコン屋に行って、触ってみることをおすすめします(キーボードのコーナーか、ゲーミングキーボードのコーナーに置いてあると思います)。

実際に触ってみて自分の好みに合ったキーボードを選ぶと良いと思いますが、私のおすすめは「茶軸」です。メカニカルキーボードの特徴である「クリック感」を楽しめますし、それほど打鍵音も大きくありません。初めてメカニカルキーボードを買う方にはおすすめです。

3.静電容量無接点方式

最高級のキーボードに使われる方式です。競技タイピングではよく使われています。

静電容量無接点方式の構造

「無接点」の名前の通り、この方式のキーボードには物理的な接点がありません。

  1. キーを上から押す
  2. 下の面(基盤)とキーの距離が縮まり、静電容量が変化する
  3. この変化を検知し、キーが押されたことを検出する

という仕組みらしいです(私も詳しいことはわかりません)。

内部にはばねが入っていて、押したキーを押し戻してくれます。

静電容量無接点方式のメリット

スイッチの接触による摩耗がないので、非常に高い耐久性を誇ります。内部のばねがへたってキーの戻りが悪くなることはありますが、キーが反応しなくなることはないと思います。

また、他の方式に比べて押下圧が小さい物が多いです。メカニカル方式のようなスイッチ感(引っ掛かり)もないので、スムーズにキーを押すことが出来ます。そのため、長時間のタイピングでも疲れにくいです。

打鍵音は「スコスコ」といった感じで、メンブレン方式よりは大きいですが、メカニカル方式よりは小さいです。

静電容量無接点方式のデメリット

何と言っても、非常に高価です。安いものでも2万円、高いものだと4万円します。

また、選択肢が少ないのもデメリットの1つです。静電容量無接点方式のキーボードは、東プレのRealForceか、PFUのHappy Hacking Keyboard(HHK,HHKB)しかありません。

まとめ

それぞれの方式には様々な特徴があります。いろいろ比較しながら、ぜひ自分にぴったりのキーボードを見つけてください。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus