コマンドプロンプトでDドライブに移動する方法

要約

「D:」と入力する。それだけ。

C:\>D:

D:\>

(もちろん「d:」でも良い)

めったに使わないが、たまに使うから困る。

補足

これだけではあまりに味気ないので、色々書いておきます。

cdコマンドは、カレントディレクトリを変更することができますが、デフォルトではカレントドライブを変更しません。

そのため、別のドライブのディレクトリに移動する場合は、cdコマンドが使えません。

C:\>cd C:\

C:\>

カレントディレクトリだけでなく、カレントドライブも変更するには、cdコマンドに/dオプションを指定します。

C:\>cd /d D:\

D:\>

また、pushdを使っても別のドライブに移動できます。

C:\>pushd D:\

D:\>

「C:」や「D:」などは、そのドライブのカレントディレクトリに移動します。ドライブのルートに移動したい場合は、「C:」や「D:」を使わずに、「cd /d」や「pushd」を使うと良いでしょう。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus