「ソフト」と「アプリ」の違いとその使い分け

「ソフト」と「アプリ」という表現は、混同されがちです。特に近年、スマホの普及により、さらに話がややこしくなりました。

そこでこの記事では、「ソフト」と「アプリ」の意味と、それぞれの違いを解説します。

目次

ソフトとは

ソフトは「ソフトウェア」の略

ソフトというのは、ソフトウェア(Software)の略です。

この「ソフトウェア」は、「ハードウェア(Hardware)」と対になっている言葉です。ハードウェアは、「ソフト」に対して「ハード」と呼ばれることもあります。

簡単に言うと、

  • ハードウェア(ハード):実体がある(目に見える)、コンピュータの部品や回路
  • ソフトウェア(ソフト):実体がない(目に見えない)、コンピュータ上で動作するプログラム

ということになります。

つまり、「ソフト」はコンピュータ上で動作するプログラムすべてを指すのです。

「ソフト」が指すプログラム

「ソフト」が指すプログラムの例

  • BIOS(Basic Input/Output System)
  • OS(Operating System)
  • ドライバ
  • Webブラウザ
  • Officeソフト
  • メーラー

「BIOS(バイオス)やOS(オーエス)、ドライバって何?」と思うかもしれませんが、ここでは「パソコン本体(WindowsやMacなど)を動かすためのプログラム」と思っていただければ大丈夫です。

「ソフト」と言ったときには、「パソコン本体を動かすためのプログラム(OSなど)」と、「私達が普段使うプログラム(ワードなど)」を指すということが分かれば、問題ありません。

アプリとは

アプリは「アプリケーションソフトウェア」の略

アプリは「アプリケーション」または「アプリケーションソフトウェア」の略です。名前に「ソフトウェア」とある通り、アプリはソフトの一種になります。

ただ、一般的に「アプリ」と言ったときには、BIOSやOS、ドライバ(パソコン本体を動かすためのプログラム)は含まれません。

アプリは、人間が何らかの作業をするために使うソフトを指します。

パソコン本体を動かすプログラムは、パソコンを動かすことしかできないので、アプリには含まれないのです。

「アプリ」が指すプログラム

「アプリ」が指すプログラムの例

  • Webブラウザ
  • Officeソフト
  • メーラー

アプリが指すのは、「ソフト」と呼ばれるプログラムの中でも「私達が普段使うプログラム」だけです。

ソフトの中でも、私達が作業をするために使うプログラムだけをアプリと呼ぶということを覚えておきましょう。

スマホのアプリ

スマートフォンのプログラムを指す言葉として、「アプリ」があります。

本来、「アプリ」は「ソフト」の一種なので、スマートフォンのアプリのことを「ソフト」と呼んでも問題ないはずです。

しかし、スマートフォンの場合、「アプリ」という表現がすっかり定着してしまいました。

そのため、スマートフォンのプログラムを指すときには、「アプリ」と呼んだほうが無難でしょう。

まとめ:PCなら「ソフト/アプリ」、スマホなら「アプリ」

一般的に、

  • ソフト→パソコン上で動くプログラム全部
  • アプリ→私達が普段使うソフト

のことを指します。

ですから、パソコンのプログラムのことを指したいときは「ソフト」と言っても、「アプリ」と言っても問題ないでしょう。

ただ、スマホのアプリを「ソフト」と呼ぶことはほとんどないため、避けることをおすすめします。

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus