WindowsとMac、どちらを選ぶべきかを解説

パソコンを買うときに、Windows と Mac のどちらを選ぶべきか、迷ってしまうという方は多いと思います。

これに関しては様々な意見があると思いますが、Windows ユーザーである私は

  • 基本的には Windows がおすすめ
  • Mac を使い慣れているか、iOS アプリを開発したいなら Mac がおすすめ

だと考えます。

この記事では、Windows と Mac それぞれのメリットを解説しながら、どのような人に Windows・Mac が向いているのかを紹介します。

目次

私が Windows を使い続ける理由・Windows のメリット

私は Windows をずっと使い続けていますが、Mac を買おうか何度も迷った経験があります。しかし、最終的にはいつも Windows を選んでいます。その理由は、次の 4 つです。

Windows は Mac よりも安い

パソコンはかなり高い買い物になるので、できることなら少しでも安く買いたいものです。

Windows のパソコンは、ほとんど同じスペック(性能)の Mac に比べて、安く手に入ります。ハイスペックなものになると、Mac が Windows の倍の値段になることもあります。

これは、Mac のパソコンは Apple 社が独占しているのに対して、Windows のパソコンは Dell(デル)や HP(ヒューレット・パッカード)、Lenovo(レノボ)など、様々な会社が価格競争をしているからでしょう。

パソコンのデザインやディスプレイの品質など、細かい違いはあるものの、Windows パソコンのほうが費用を抑えられるのです。

困ったときに情報を集めやすい

Windows は、Mac よりもシェアが圧倒的に大きいです。そのため、インターネット上にある情報は、Mac に関するものよりも Windows に関するものの方が多いのです。

Mac も世界で 2 番目に使われている OS なので、操作方法やトラブルに関する情報は十分多いと思います。しかし、マニアックな情報はなかなか見つからない場合があります。

また、「周りに Mac を使っている人がいない」という場合、Mac を使っていて操作方法がわからなかったとき、周りに聞いても誰もわからない可能性があります。パソコンの操作方法に自信がない方は、周りに使っている人が多い Windows を選ぶことをおすすめします。

選択肢が多い

「Windows は Mac よりも安い」でも書きましたが、Mac の販売は Apple 社が独占しています。そのため、Mac のパソコンを買う場合、Apple 社の製品を買わざるを得ません。

一方、Windows パソコンであれば、様々な会社が販売しています。そのため、超小型パソコンからハイスペックなパソコンまで、様々な特徴を持った製品が販売されているのです。

また、Windows には、「自作パソコン」という選択肢もあります(基本的に Mac は自作することができません)。豊富な選択肢が、Windows の強みです。

対応しているソフトが多い

  • インターネット上に公開されているフリーソフト
  • 本に付属している CD-ROM の中のソフト
  • PC ゲーム

以上のようなソフトは、パソコンのシェアの関係上、Windows パソコンにしか対応していない場合があります。ある程度有名なソフトは Windows と Mac の両方に対応していることもありますが、Mac に対応していないソフトも多いです。

「Mac を買ったら、遊びたかったゲームが Mac に対応していなかった」という可能性もあるので、ゲーム目的でパソコンを買うのであれば、Windows を選ぶべきでしょう。

Mac だけで使える(Windows で使えない)ソフト

「Windows でしか使えないソフトがあるのなら、Mac でしか使えないソフトもあるのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

確かに、そのようなソフトも存在します。しかし実際には、似たソフトが Windows にもあることがほとんどです。

どうしてもこのソフトが使いたい、というソフトが Mac でしか使えない場合でない限り、問題になることはないでしょう。

2.Mac のメリット

今まで Windows パソコンを推してきましたが、Mac には Mac なりのメリットが存在します。

便利なプリインストールソフトが多い

Windows パソコンにもプリインストールソフトはたくさん入っていますが、正直あまり役に立たない物が多いです(その分、フリーソフトが大量に公開されているのでしょう)。

ですが、Mac には、役に立つソフトが多く入っています。そのため、フリーソフトや有料のソフトをわざわざダウンロードしなくても、十分使えると思います。

iOS アプリ開発ができる

iPhone で動くアプリは、Windows パソコンでは開発することができません。iOS アプリを作りたい場合は、Mac を使わなければならないのです。

※Android アプリは Windows でも Mac でも作ることができます。

ターミナルを使うことができる

プログラミングをやる方向けの項目です。プログラミングをやらない方は、この項目はスルーしてください。

Mac は Unix 系の OS なので、「ターミナル」と呼ばれるプログラミングに便利なツールを使うことができます。膨大なファイル・ディレクトリの管理をしやすくなりますし、Git の導入も簡単です。

ただ、IDE(統合開発環境)を使えば、Windows でも十分プログラミングはできます。「Git Bash」で Git を使うこともできますし、仮想環境を用意して Unix 系 OS を入れ、ターミナルを使うこともできます。「Windows にターミナルがなくて不便だな」と感じたときに、改めて Mac を買うべきか検討すると良いと思います。

追記

Windows にWSL(Windows Subsystem for Linux)という機能が登場し、Windows パソコンでも Linux 環境を簡単に用意できるようになりました。登場からある程度時間も経ったので、かなり安定して動くようになっていると思います。

この点における Mac のメリットはほぼなくなったと言って良いでしょう。

Windows と Mac で誤解されがちな点

Windows と Mac の違いに関して、よく誤解される点を 2 つ紹介します。

セキュリティリスクはどちらも一緒

Windows の方がシェアが圧倒的に大きいので、Windows パソコンを狙ったコンピューターウイルスが多いのは事実です。しかし、だからといって Windows が危険・Mac が安全というわけではありません。

セキュリティソフトを入れていなければ、Windows でも Mac でも、ウイルスに感染する危険性が非常に高いです。信頼できるセキュリティソフトを入れ、適切な使い方をしていれば、ウイルスに感染することはありません。

セキュリティソフトは、必要経費だと割り切って導入しておきましょう。月々料金がかかるセキュリティソフトが面倒な方は、買い切り型で更新の必要がないZERO ウイルスセキュリティなどを選ぶと良いでしょう。

外観やキーボードの配列・UI は慣れ

  • パソコン本体の外観
  • キーボードの配列
  • UI(ユーザーインターフェース・画面のデザインのこと)

のような項目は、個人の好みによるところが大きいです。

Mac の方がスタイリッシュだと感じる人もいれば、Windows の方が便利だと感じる人もいるでしょう。Windows と Mac のキーの配置の違いも、慣れてしまえば問題なく使うことができます。

このような項目は、どちらがより優れているとは言えません。パソコンを選ぶ上で、この点はそれほど気にしなくても良いと思います。

まとめ

  • Mac に慣れ親しんでいる方
  • iOS アプリ開発がしたい方
  • どうしても Mac が欲しい、Mac じゃなきゃだめなんだという方

このどれかに当てはまるのであれば、Mac をおすすめします。それ以外の方であれば、Windows がおすすめです。

ですが、最後に決めるのはあなた自身です。自分の心が動かされるのであれば、その心に従って購入すると良いでしょう。

↓ パソコンを購入する前に見ておきたい、スペック表の見方

関連記事:結局どんなスペックのノートパソコンを買えば良いのか

Avatar
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus