管理者権限が必要なソフトを PC 起動時に自動で起動させる方法

目次

管理者権限が不要なソフトの場合

一般的な(管理者権限が不要な)ソフトの場合、以下の手順で自動で起動させることができます。

  1. 「Windows キー」を押したまま「R キー」を押す
  2. 「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが出てくるので、「shell:startup」と半角英数で入力し、「Enter キー」を押す。カギかっこの中身をコピーして、貼り付けても OK
  3. エクスプローラーが開くので、表示されたフォルダの中に自動起動したいソフトのショートカットを置く

管理者権限が必要なソフトの場合

ソフトの起動に管理者権限が必要な場合は、shell:startup にショートカットを置いても、自動で起動させることはできません。

その代わりに、タスクスケジューラを使う必要があります。

具体的には、以下の手順です。(ここでは、SandSExe というソフトを自動で実行させる設定をしています)

  1. 「Windows キー」を押したまま「R キー」を押す
  2. 「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが出てくるので、「taskschd.msc」と半角英数で入力し、「Enter キー」を押す。カギかっこの中身をコピーして、貼り付けても OK
  3. タスクスケジューラが起動するので、右上の方にある「基本タスクの作成」をクリック
    タスクスケジューラ
  4. 適当なタスクの名前を入力(起動したいファイル名など)し、「次へ」
    基本タスクの作成
  5. 「コンピューターの起動時」「ログオン時」のどちらか(お好みで)を選択し、「次へ」
    タスク トリガー
  6. 「プログラムの開始」を選択し、「次へ」
    操作
  7. 「参照」をクリックして自動起動させたいソフトを選択し、「次へ」
SandSExe を自動で起動させるには、ここで「開始(オプション)」に SandSExe.exe があるディレクトリ(フォルダ)を指定する必要があります。
プログラムの開始
  1. 「[完了]をクリックしたときに、このタスクの[プロパティ]ダイアログを開く」を選択し、「完了」
    要約
    9. 新しいウィンドウが出てくるので、「全般」タブの「最上位の特権で実行する」を選択し、「OK」を押す
    全般

これで、設定は完了です。

ノート PC 等、バッテリー駆動式の PC を利用している方は、「条件」タブの「コンピューターを AC 電源で使用している場合のみタスクを開始する」のチェックを外しておくことをおすすめします。

条件
fiore
fiore

自称C++er。

comments powered by Disqus